WWW を検索 サイトを検索
 
 明治32年(1899)8月4日に開港した四日市港は、主に羊毛、綿花の輸入港として栄え、昭和27年(1952)には、外国貿易上、特に重要な港として特定重要港湾に指定され、平成23(2011)年には国際拠点港湾に名称が改められました。
 四日市港は中部圏における代表的な国際貿易港として、また、我が国有数の石油コンビナート等を擁するエネルギー供給基地として重要な役割を担っています。さらに、昭和44年(1969)からコンテナ貨物の取り扱いを開始するなど国際海上輸送のコンテナ化にも迅速に対応し、東南アジア、中国航路をはじめとするコンテナ定期航路網は年々充実しつつあります。
 これからの四日市港は、多様化する物流需要に応えるため、また、物流合理化の進展に対応すべく、
一層の港湾機能の拡充を進めるとともに、広く市民に愛され親しまれるウォータフロントの創造をめざし、港づくりを進めていきます。
 オーストラリア東部に位置するシドニー港と四日市港は、古くから羊毛の貿易を通じてつながりが深く、その関係から昭和43年(1968)10月24日に姉妹港提携を締結しました。その後も交流を重ね、平成20年(2008)には提携40周年を迎えました。
 また、シドニー港では、平成13年(2001)3月に、ボタニー湾を一望できる公園に、両港の友好を記念した展望台が設置されました。

ボタニー湾

展望台

提携30周年

@第1ふ頭
番号 岸壁名 水深(m) 延長(m) けい船能力
船級(D/W) 隻数
@ 第1ふ頭1号岸壁 -5.5 100.0 2,000 1
@ 第1ふ頭2・3号岸壁 -8.5 245.0 10,000 1
@ 第1第2ふ頭間6号岸壁 -3.0 179.0 300 3
水深:-3.0〜-9.0m/1〜6号岸壁:延長739m/けい船能力300〜10,000D/W 計4バース/公共上屋:6棟10,354u
1ふ頭では主に化学薬品、合成樹脂などを取り扱っています。
▲上へ戻る
A第2ふ頭

番号

岸壁名

水深(m)

延長(m)

けい船能力

船級(D/W)

隻数

A

第2ふ頭9号岸壁

-10.0

200.0

15,000

1

A

第2ふ頭10号岸壁

-5.5

200.0

2,000

2

A

第2ふ頭11号岸壁

-10.0

200.0

15,000

1

A

第2ふ頭12号岸壁

-5.0

140.0

1,000

2

A

第2ふ頭19号岸壁

-5.0

110.0

1,000

1

水深:-5.0〜-10.0m/9〜12号,19号岸壁:延長850m/けい船能力1,000〜15,000D/W 計5バース
 公共上屋:6棟14,174u/公共荷さばき地:11,590u/モータープール:2,787u/穀物サイロ(専用):58,950t

 第2ふ頭では、主に穀物、国内向けの自動車な どを扱っています。また穀物専用のサイロもあり、中部地区の穀物供給基地としての役割を果たしています。
▲上へ戻る
B第3ふ頭
番号 岸壁名 水深(m) 延長(m) けい船能力
船級(D/W) 隻数
B 第3ふ頭13号岸壁 -12.0 245.0 30,000 1
B 第3ふ頭14号岸壁 -10.0 220.0 15,000 1
B 第3ふ頭16号岸壁 -7.5 114.0 5,000 1
B 第3ふ頭17.18号岸壁 -5.5 163.0 2,000 2
水深:-5.5〜-12.0m/13〜18号岸壁:延長962m/けい船能力2,000〜30,000D/W 計5バース
公共上屋:3棟12,417u/公共荷さばき地:5ヵ所28,175u/荷役機械(穀物専用):800t/h×1基

 ここでは、主に外航船による穀物、鉱石などが取り扱われています。この埠頭の南側の13号岸壁には、800トン/時の処理能力を持つ、穀物専用の荷役機械が備えられ、効率的な荷役作業が行われています。

800t/h機械式連続アンローダー
▲上へ戻る
 
C石炭ふ頭

番号

岸壁名

水深(m)

延長(m)

けい船能力

船級(D/W)

隻数

C

石炭ふ頭7号(A)(B)岸壁

-7.5

125.0

5,000

1

▲上へ戻る
D霞ヶ浦南ふ頭
番号 岸壁名 水深(m) 延長(m) けい船能力
船級(D/W) 隻数
D 霞ヶ浦南ふ頭22号岸壁 -14.0 280.0 60,000 1
D 霞ヶ浦南ふ頭23号岸壁 -12.0 240.0 40,000 1
D 霞ヶ浦南ふ頭24号岸壁 -12.0 240.0 40,000 1
D 霞ヶ浦南ふ頭25号岸壁 -12.0 240.0 40,000 1
D 霞ヶ浦南ふ頭26号岸壁 (*)-12.0 250.0 30,000 1
D 霞ヶ浦南ふ頭27号岸壁 -12.0 240,0 25,000 1
D 霞ヶ浦南ふ頭70-73号岸壁 -4.5 300.0 700 4
D

霞ヶ浦南ふ頭74号岸壁

-7.5 130.0 5,000 1
D

霞ヶ浦南ふ頭75号岸壁

-7.5 130.0 5,000 1
D

霞ヶ浦南ふ頭30-36号岸壁

-4.5 420.0 700 7
D

霞ヶ浦南ふ頭37-44号岸壁

-5.5 630.0 2,000 7
D

霞ヶ浦南ふ頭60-62号岸壁

-7.5 390.0 5,000 3
(*)実質-13.2m

霞ヶ浦地区総面積:約3,830,000u
南ふ頭総面積:約1,280,000u

・南ふ頭25号岸壁:水深-12m
延長240m けい船能力:40,000D/W
公共荷さばき地:2カ所55,379u

・南ふ頭22号岸壁:水深-14m 延長280m
けい船能力:60,000D/W
公共荷さばき地:12,183u
石炭貯炭施設(専用)
貯炭場面積151,854u
貯炭能力1,000,000t
年間取扱能力3,000,000t
荷役機械
アンローダー 荷役能力1,500t/h×2基
アウトリーチ26.0m以上
シップローダー 荷役能力1,200t/h×1基
アウトリーチ17.9m以上

・南ふ頭23号岸壁:水深-12m 延長240m
けい船能力:40,000D/W
公共荷さばき地:12,897u
荷役機械
アンローダー 荷役能力1,800t/h×1基

・南ふ頭24号岸壁:水深-12m 延長240m
けい船能力:40,000D/W
公共荷さばき地:2カ所21,048u


バケットエレベータ式アンローダー
船から石炭等ばら物を陸揚げする荷役機械で、機械先端にバケットエレベーターを取り付け、荷物のかき寄せ、持ち上げ行為により連続的に荷役を行い、能力も比較的大きく粉塵の発生も少ない装置。

グラブバケット・ロープトロリ式
橋形アンローダー
船から鉱産物等のばら物を陸揚げする荷役機械で、橋型桁上部のバケットを横行させて、船からバケットでつかみホッパーへ入れ、更にシュートでトラックに積み込む装置。

コンテナターミナル
コンテナ運送方式における海上輸送と陸上輸送の接点であって、港頭に位置し本船荷役はもちろん、コンテナの蔵置、コンテナ並びにコンテナ荷物の授受、これに要する各種荷役機械の管理等をつかさどる一連の施設をもった地域をいう。なお、コンテナターミナルの管理運営については、平成18年1月から長期一括貸し付けにより民間事業者が行っている。

ガントリークレーン
橋型クレーンのことで橋型桁と一定の間隔を置いて設けた2本の走行脚でささえ、脚下部には軌条上を走行する車輪又は舗道上を走行するタイヤを有し、橋型桁上部のトロリーを横行させて荷役を行なうクレーンをいう。コンテナを専門に取扱うものにトランスティナー、コンテナクレーンがある。

自動車運搬船

走行起伏シャットル式シップローダ
地上ベルトコンベアで送られてくる石炭等ばら物を連続的に効率よく船積みするための荷役機械であり、走行により荷物を積む位置へ移動させ、起伏にてブーム(腕)を上下させて高さをきめ、シャットルで岸壁からの巾をきめ、荷役する装置である。
▲上へ戻る
E霞ヶ浦北ふ頭
番号 岸壁名 水深(m) 延長(m) けい船能力
船級(D/W) 隻数
E 霞ヶ浦北ふ頭80号岸壁 -14.0 330.0 50,000 1
▲上へ戻る
Fシーバース
施設名 けい船能力 水深
昭和四日市石油シーバース(SSB) 275,000dwt -22.0m 1unit
コ ス モ シ ー バ ー ス (CSB) 314,000dwt -20.8m 1unit


 現在、四日市港の輸入貨物の約90%が原油やナフサであることからも明らかなように、四日市港はエネルギー港湾として発展してきました。原油は主に沖合約6kmの海上に設置されている2基のシーバースから海底パイプラインを通じて、陸上に設置されたタンクへと送られます。四日市港にはこのようなシーバースを含め、原油や石油製品の荷揚げのための外航大型タンカー用さん橋が6バースあり、臨海部の石油化学コンビナートへの原材料供給や国内の石油エネルギー需要に応えています。

[暮らしを支えるエネルギー]
現在、私たちの暮らしを支えるエネルギーの供給は多くを輸入に頼っているため、エネルギー施設の充実した四日市港にも優れた処理能力が期待されています。

原油

 原油は主に沖合約6kmの海上に設置されている2基のシーバースから海底パイプラインを通じて、陸上に設置されたタンクへと送られます。四日市港にはこのようなシーバースを含め、原油や石油製品の荷揚げのための外航大型タンカー用桟橋が6バースあり、臨海部の石油化学コンビナートへの原材料供給や国内の石油エネルギー需要に応えています。

LNG(液化天然ガス)

 最近、クリーンな石油代替エネルギーとして脚光を浴びているのがLNGです。カタールやインドネシアなどから専用タンカーによって運ばれてきたLNGは、霞ヶ浦地区と川越地区の企業の専用桟橋で一旦荷揚げされ、主に都市ガスや火力発電所の発電用燃料として使用されています。

LPG(液化石油ガス)

 霞ヶ浦地区にはLPGの輸入・備蓄基地があり、専用タンカーによって輸入されたLPGは内航タンカーなどによって国内各地に配送されています。(写真:川越火力発電所)

石炭

 第2次オイルショック後の脱石油気運が急速に高まる中、四日市港では本格的な石炭中継基地を設立し、以後、合理的で経済的な取り扱いを続け、地域産業・地域経済の発展に大きく貢献してきました。また近年は環境保全整備にも力を注ぎ、クリーンな備蓄基地の運営を実現しています。

▲上へ戻る
GHLNG・LPG受入桟橋
番号 主な係留施設 船隻数 延長(m) 水深(m) 主な取扱貨物
G LNG受入桟橋 1   -14.0 LNG
H LNG・LPG受入桟橋 1   -14.0 LNG、LPG
▲上へ戻る

 

お問い合わせご意見は 〒510-0011 三重県四日市市霞二丁目1-1 四日市港管理組合総務課 TEL:059-366-7006 FAX:059-366-7048 E-mail:kanri@yokkaichi-port.or.jp

  2015 Copyright YOKKAICHI PORT AUTHORITY All Right Reserved